蓄電池補助金サーチ

国・都道府県・市区町村の3つの補助金

簡単3ステップ!全国の補助金情報をサーチできます。

都道府県を選ぶ

補助金情報の検索結果 奈良県の蓄電池補助金情報

奈良県からの補助金

補助金額 10万円(定額) ・一般社団法人環境共創イニシアチブが行う「住宅省エネリノベーション促進事業費補助金」の交付対象となる設備であること。
・太陽光発電設備必須
・太陽光発電設備は既設可(10kw以上は対象外)
・共同住宅は必須としない
補助上限額 10万 -
申請提出期限 2016/4/26~2017/2/18 -

生駒市からの補助金

補助金額 1kW/20,000円 ※太陽電池の最大出力が2kW以上10kW未満であること
※応募期間内であっても申請が応募件数を超えた場合はその日をもって受付を終了します
補助予算額:10,000,000円
補助上限額 100,000円 -
申請提出期限 2016年5月16日 ~ 2017年3月31日 ※平成28年3月1日以降に電力会社と電力受給契約を行う事業であること

宇陀市からの補助金

補助金額 50,000円(定額) ※システム最大出力値が10kw未満であること
※補助金は「ウッピー商品券」にて交付
補助予定件数:10件(先着順)
補助上限額 50,000円
申請提出期限 2016年7月1日 ~ 2017年3月31日 ※平成28年4月1日以降に電力受給契約を結んでいること

橿原市からの補助金

補助金額 5万円(定額) 次の1~4までの全ての要件を満たした方が対象となります(共同住宅は対象外です)

1、橿原市エコライフハウス設備設置に係る景観等手続確認報告書の手続を完了した方
2、次のいずれかに該当する方
・市内に住所を有する方で、住宅用太陽光発電システムが既に設置された市内の自ら居住する1戸建住宅に平成28年3月1日以降に定置用リチウムイオン蓄電池を設置した方
・市内に住所を有する方で、自ら居住する1戸建住宅に住宅用太陽光発電システムを平成28年3月1日以降に再生可能エネルギー発電に関する電力受給契約を電力会社と締結され、平成28年3月1日以降に定置用リチウムイオン蓄電池を併せて設置した方
・市内に住所を有する方で、自ら居住するために住宅用太陽光発電システムと定置用リチウムイオン蓄電池が既に設置された1戸建新築住宅を平成28年3月1日以降に購入した方
※共同住宅は対象外
3、一般財団法人電気安全環境研究所(JET)の認証を受けたもの又は当該認証を受けたものと同等以上の性能がある定置用リチウムイオン蓄電池を設置した方
4、市税(市県民税、固定資産・都市計画税、軽自動車税、国民健康保険税)を滞納していない方
補助上限額 5万円 -
申請提出期限 2016/4/1~2017/3/31 -

大和高田市からの補助金

補助金額 50,000円(定額) ※太陽電池の最大出力(発電システムを構成する太陽電池モジュールの公称最大出力)の合計値が10kW未満であるもの
補助予定件数:60件
補助上限額 50,000円
申請提出期限 2016年4月25日 ~ ※平成27年4月1日以降に発電システムの設置契約を結び、工事が完了し、発電を開始している人が対象です
※交付決定通知書を受領後14日以内に請求書を提出して下さい
TOPへ