蓄電池専門用語集 - 液漏れ

液漏れ(えきもれ)

一覧へ

液漏れ 電池内部の電解液が外部に漏れてしまうこと。アルカリ乾電池に多く見られます。

乾電池は安全上の理由から、内圧上昇による破裂を防ぐため、水素が大量に発生した場合には安全弁が開く構造になっています。 この安全弁が開いた際に水素と共に電解液が漏れだす状態、これが一般的に液漏れと呼ばれているものです。

ここで問題となる水素は、無理やり放電を持続させる(過放電)ことによって発生するとされており、 異種電池の混用によって先に寿命を迎えた電池が過放電又は逆充電状態に置かれて引き起こされるケースもあります。

各電池メーカーは古くより改良を行っていますが、現在でも基本的にどの電池でも起こり得るとされており、一旦液漏れが発生すると、電極や機器内部を容易に腐食させてしまいます。 また、漏れだした液体は強アルカリ性であるため、万が一接触することになると、皮膚の損傷や失明の恐れといった人体への影響も避けられません。

液漏れを防ぐためには、使用する機器に適した電池を用いることが最も簡単で確実と言えます。 時計やリモコンといった微弱な電力で長期間使用するものにはマンガン電池を、デジカメやモーターなど強い電力が必要となるものにはアルカリ電池を使用するようにしましょう。

関連用語 一次電池 二次電池 過充電 過放電
TOPへ