蓄電池専門用語集 - 分電盤

分電盤(ぶんでんばん)

一覧へ

建物内に電気を供給し、安全に使用できるようにする装置のこと。 狭義にはアンペアブレーカー・漏電ブレーカー・安全ブレーカーを1つにまとめた箱を指します。

アンペアブレーカー

分電盤 契約アンペア値を超える電流が流れた際に、自動で電気の供給をストップする働きを担っています。 電力会社によっては「サービスブレーカー」とも呼ばれます。

いくつかの電気機器を同時に使用して頻繁にブレーカーが落ちる場合は、 契約アンペア値を増やすことで解決できます。

漏電ブレーカー

建物内の配線や電気器具の漏電を素早く感知し、自動的に電気をしゃ断する働きを担っています。 火災や事故を未然に防ぐためにも重要なため、電気設備技術基準に基いて設置しなければなりません。

安全ブレーカー

電路上でショートが発生した場合や、使いすぎで過電流が流れた場合に電気を自動的に遮断する働きをになっています。 漏電ブレーカーと同様に、前期設備技術基準に基いて設置することが義務付けられています。

関連用語 電流 電圧 直流 交流
TOPへ