蓄電池専門用語集 - 逆潮流

逆潮流(ぎゃくちょうりゅう)

一覧へ

逆潮流 太陽光発電システムなどの自家発電設備等から、電力会社の電力系統に電気を流すこと。

発電所から変電所を辿って需要家のもとに電気が供給される流れを「潮流」とすると、 発電設備から系統に向かう流れは逆であることから、逆潮流と呼ばれるようになりました。

逆潮流を行うには、まず発電設備と電力系統が接続されている必要があります(系統連系)。 系統連系状態の電路においては、発電量が消費電力量を上回ると自動的に余剰電力は系統へと流れていくようになっています。

太陽光発電設備と併せて蓄電池を設置する場合には、その蓄電システムが逆潮流できないことを配線図等で証明しなければなりません。

関連用語 太陽光発電システム 系統 蓄電池
TOPへ