蓄電池専門用語集 - ラミネート型

ラミネート型(らみねーとがた)

一覧へ

正極と負極をセパレーターを挟んで交互に重ねたものをラミネートで封止した構造の電池のこと。

ラミネート型 近年のモバイル機器の小型化や軽量化は著しく向上しており、リチウムイオン電池はその技術向上の一端を担っています。 その中でも、形状や薄さ・性能の面で優位性があるということから、ラミネート型リチウムイオン電池は最も大きな注目を集めていると言えるでしょう。

通常、リチウムイオン電池に使用される正極活物質には、一般的にコバルト酸リチウムが多く使用されていますが、 ラミネート型リチウムイオン電池にはマンガン酸リチウムが用いられており、コスト・安全面において優れた特徴を有しています。

ラミネート型リチウムイオン電池は、その構造もあって軽量化が容易で、コスト面でも優位性を持っているとされています。 円筒形電池と比べて表面積が広いため放熱性が高く、充放電によるセル全体の温度上昇を低く抑えることが可能です。

近年では、ハイブリッドカーや電気自動車への搭載、産業用蓄電池としての利用、移動体用電源などの用途で利用されており、 今後のさらなるコストダウンや、新製法の開発に期待がかかっています。

関連用語 リチウムイオン二次電池 保護回路
TOPへ