蓄電池専門用語集 - 産業技術総合研究所

産業技術総合研究所(さんぎょうぎじゅつそうごうけんきゅうしょ)

一覧へ

日本の独立行政法人で、日本の産業を支える環境・エネルギー、ライフサイエンス、情報通信・エレクトロニクス、 ナノテクノロジー・材料・製造、計測・計量標準、地質という多様な6分野の研究を行う国内最大級の公的研究機関。

産業技術総合研究所 茨城県つくば市および霞ヶ関の経済産業省内に本部を置き、日本全国に展開して研究機関を構えています。

中でも、最大の研究拠点であるつくばセンターは筑波研究学園都市に位置しており、 産総研の約7割の予算や研究者が集結すると言われています。

近年では特に環境・エネルギー分野に注力しており、「グリーン・イノベーションの推進」を目標に掲げ、 太陽光発電や風力発電の高性能化・高信頼性化などを始めとした再生可能エネルギーに関する技術開発を進めています。

二次電池の分野においては、リチウムイオン二次電池の長寿命化や新部材の開発に向けて日々研究を進めているようです。

関連用語 NEDO 再生可能エネルギー 太陽光発電
TOPへ