蓄電池専門用語集 - 時間帯別電灯契約

時間帯別電灯契約(じかんたいべつでんとうけいやく)

一覧へ

時間帯別電灯契約 電気の使用量を昼間と夜間に分けて計算するシステムのこと。 電力会社によっては、夜間電力メニューや深夜電力メニューとも呼ばれます。

時間帯別に購入電力の料金単価を設定することによって、電力需要の少ない時間帯に電力を使用するように促し、 発電所や電力設備のより効率的な利用を図るために設けられている電力メニューです。

電力会社によって詳細な内容は異なりますが、電力需要が高まる日中の料金単価は割高に、余裕のある夜間の料金単価は割安になっており、 多くのプランでは、夜間の料金単価が日中と比較して約1/2~1/3程度に設定されています。

このプランを利用することによって、「洗濯機や乾燥機・食器洗い機といった電力を多く消費する機器は夜間に使用する」 「日中は蓄電池に貯めた電力を利用し夜間は蓄電池に充電する」といった様々なやりくりが可能となります。

ただし、誰しもが得をするというわけではなく、家族構成やライフスタイルによっては却って電気料金が高くなる、 といったことも起こりかねませんので、予め削減効果などをシミュレーションしてから検討することが重要です。

蓄電システムを導入するのであれば、時間帯別電灯契約に変更することで得られるメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

関連用語 オール電化 ピークシフト
TOPへ