蓄電池専門用語集 - スマートグリッド

スマートグリッド(smart grid)

一覧へ

スマートグリッド ITやエレクトロニクスといった先端技術を活用し、系統運用の最適化・低コスト化を実現した電力系統のこと。

米国が、リーン・ニューディール政策の柱として打ち出したことから、世界的に注目を集めることになりました。 米国の電力系統は従来よりその脆弱性が問題となっており、電力系統の整備が強く求められています。

そうした背景から低コストで効率的な運用を図る手法として生まれた構想がこのスマートグリッドであり、 これを実現する要素技術として、通信機能を持った電気メーターであるスマートメーターと、 エネルギー利用の監視・機器の制御を行うエネルギーマネジメントシステム(EMS)があります。

スマートメーターは、電力ロスや故障箇所を早期に発見することができ、早急な収益性の向上、 電力料金の抑制を実現する効果があるとされており、様々な電力会社が導入に向けて動き始めています。

一方で、エネルギーマネジメントシステムは家庭内のエネルギー利用状況を監視し、効率的な電気製品の利用を実現します。 近年普及が進んでいる太陽光発電システムや燃料電池、蓄電池の制御も行えることから、 今後新築住宅などを中心に普及が促進することが予測されています。

スマートグリッドは、電力の流れを供給側・需要側の両方から制御することが出来るため、 今後再生可能エネルギー設備の本格的な普及に大きく貢献するでしょう。

系統上の電力ロスを大幅に低減し、エネルギー利用効率の向上を図る、抗堪性に優れたインフラを軸に強いコミュニティを構築するものとしてスマートグリッドに対しての期待は日に日に大きなものになりつつあります。

関連用語 系統 HEMS 電力不可平準化 デマンドレスポンス
TOPへ