蓄電池専門用語集 - 太陽光発電

太陽光発電(たいようこうはつでん)

一覧へ

太陽光発電 太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換する太陽電池を用いて発電する方式のこと。

地球温暖化対策や、化石燃料の枯渇、エネルギーの安定供給・確保が世界的に重要な課題となっている昨今、 無尽蔵な太陽光エネルギーを利用し、クリーンに安全に発電することが出来ることで高い注目を浴びています。

太陽光パネルやその他機器の製造時には当然エネルギーを必要としますが、発電には一切の燃料を必要とせず、 温室効果ガスを排出しないので大気汚染の心配もありません。

従来は長期的に電力供給する必要のある宇宙空間や、小型電子機器の電源として利用されてきました。 住宅用のみならず、メガソーラーをはじめとした産業用途でも普及が進んでおり、年々勢いを増しています。

太陽光発電は、その性質上天候や季節によって大きく発電量が変動するため、その変動を抑制することが重要となりますが、 それを実現するものとして蓄電システムは必要不可欠な要素と言えるでしょう。

このことから、今後は太陽光発電システムに蓄電システムを併設することが一般的になるのではないかと予測されています。

関連用語 再生可能エネルギー 風力発電 水力発電 バイオマス発電
TOPへ