蓄電池専門用語集 - ダブル発電

ダブル発電(だぶるはつでん)

一覧へ

太陽光発電システムに、エネファームなどのコージェネレーションシステムや蓄電システムといった自家発電設備を組み合わせた発電方式のこと。

ダブル発電 太陽光発電システムはその性質上、太陽の出ていない時間帯や天候の悪い日にはあまり発電量が期待できません。 そういった際でも、コージェネレーションシステムや蓄電システムを併設することで、安定して光熱費を削減できることが可能となります。

太陽光発電システムに自家発電設備を併設する場合は、安い電力の買取価格が適用されるケースがあるため、注意しましょう。

買取価格を設定している資源エネルギー庁の見解によると、 エネファームや蓄電システムといった自家発電設備は太陽光発電の発電量を押し上げる効果があるとされており、 その場合は太陽光発電システム単体での買取価格ではなく、ダブル発電の価格が適用されます。

押上効果が発生しないことを図面等で証明出来るのであれば、太陽光発電システム単体での買取価格が適用されますが、 使用環境や条件によってはダブル発電の買取価格を選択した方がメリットを得られるケースもあるため、 入念にシミュレーションを行い、選択することが重要となります。

関連用語 燃料電池 太陽光発電 固定価格買取制度
TOPへ