中央物産 - エネルギーは自ら生みだし管理し活用する時代へ

このページは、蓄電池・充電器メーカーの情報提供を趣旨としています。
取り扱いの無い製品もございますので、予めご了承ください。

蓄電池メーカー 中央物産について

蓄電システムメーカー 中央物産

株式会社中央物産は冷媒用被覆銅管のOEM製造を主要商品とし、日本国内の約40%の製造シェアを誇る企業です。
住宅、家電、自動車等の防音、断熱材に粘着加工した製品などのウレタン加工分野でも活躍しており、2006年より新規事業として電動アシスト自転車の製造、販売もスタートしています。

そして次世代事業の取り組みの一環として、enenovaブランドを立ち上げ、再生エネルギー分野への事業参画のため、リチウムイオン蓄電システム製品などをベースとしたHEMSの研究開発、太陽光パネル及び、周辺機器の営業サポート及び卸販売等を行っている国内企業です。

中央物産蓄電システムの特徴

大容量の3ラインナップのenenova家庭用蓄電システム

大容量の3ラインナップ家庭用蓄電システム

enenova蓄電システムは大容量が特徴で、6.3kWh、9.45kWh、12.6kWhというラインナップによって家庭用蓄電システムにおいては大容量クラスの製品開発を実現させています。複雑な操作もないシンプル機能は家庭用に最適で、ピークシフト機能によって節電・節約に貢献します。
さらに産業用蓄電システムの販売も行っており、柔軟なエネルギーマネジメントシステムや独自のデマンドコントロール機能の搭載によって大規模設備や施設にも対応する事ができます。

二重構造の強固なケースで安心・安全

enenova蓄電システムには二重構造の強固なケースを採用しているので、防じん性能や防水性能にも優れた構造となっており、屋外設置でも安心してご使用可能です。
バッテリー部分は、ハイブリッド自動車にも採用されている高性能リチウムイオンバッテリーを採用しているので長寿命と高い安全性能で安心のシステムとなっています。

UPS機能搭載や押上げ効果などの多機能性

押上げ効果などの多機能性

UPS規格(4ms未満で切替)の機能搭載によって、停電の場合は瞬時に蓄電池からの給電に切り替わります。最大12.6kWhの大容量により、安心のバックアップ電源機能となっています。

また、蓄電池と太陽光発電との連携システムを組み合わせることで、押上げ効果により売電力をアップさせることができます。

TOPへ