ENAX - ハイパワーリチウムイオン電池の特徴

このページは、蓄電池・充電器メーカーの情報提供を趣旨としています。
取り扱いの無い製品もございますので、予めご了承ください。

蓄電池メーカー エナックスについて

蓄電システムメーカー エナックス

ENAX(エナックス)は、リチウムイオン電池技術のパイオニアとして電気自動車向けリチウムイオン電池の研究開発からスタートしました。そして蓄積された技術やノウハウを生かして、「長寿命化」「低価格化」「信頼性向上」「ハイパワー化」という主要開発テーマを掲げて、ハイパワーリチウムイオン電池の開発を行い、小型蓄電システムから大型の蓄電システムの製品を開発・販売しています。家庭用から産業用まで対応できる技術力は今後の産業用蓄電池市場において大きな注目が集まっています。

エナックス蓄電システムの特徴

太ハイパワーリチウムイオン電池の特徴

エナックス蓄電池の特徴

エナックスが開発したハイパワーリチウムイオン電池は、放熱面積の大きいラミネート構造を使用しており、電池の温度上昇の激しい大電流での入出力においても、高い放熱性によって安定した出力を保ち、5秒特性値で10,000W/kgを超えるという極めて大きなパワーを取り出すことが出来るので、軽量・小型で大出力が可能な電池を開発しました。

また、低温・高温の幅広い温度範囲での試験を実施し、材料ならびに構造の最適化によって、低温でも確実に起動することが実証されています。

メンテナンスフリーで確実な動作を実現

リチウムイオン電池の特徴として、他の充電機器や発電機と比較した場合に、補水やオイルの交換・定期運転などのメンテナンスにかける費用やコストが低い点と、並列接続が可能で、いざという時の冗長性が高いので、総合的な評価としてバックアップシステムとして最適だといえます。

停電時には自動切り換え機能によって自動で蓄電システムからの給電が瞬時に行われ、UPS機器と比較しても電力使用時間が長いので、停電による業務の停止を防ぐことができます。また移動用キャスターを標準装備しているので移動もスムーズに行え、急な使用にも迅速な対応が可能です。

大規模な定置型電力貯蔵システム

定置型電力貯蔵システム

エナックスは様々なシーンでの非常時電力バックアップが可能なリチウムイオン蓄電池を採用した大規模な蓄電システムを実現し、社会を安全・安心に支える仕組みづくりに貢献します。使用用途としては非常時の病院の各種設備・機器の継続維持や高層ビルエレベーターの非常時使用、大規模サーバーの継続利用などが可能となり、さらにはエネルギー不足が問題となる昨今の状況を打破するために太陽光発電や風力発電などの発電システムとの連携によって大規模な電力貯蔵を実現し、産業用途として今後の活躍が注目されています。

TOPへ