NAYUTA - 高いエネルギー変換効率の実現

このページは、蓄電池・充電器メーカーの情報提供を趣旨としています。
取り扱いの無い製品もございますので、予めご了承ください。

蓄電池メーカー ナユタについて

蓄電システムメーカー ナユタ

平成5年4月に設立され「電気エネルギーの変換効率をより良く実現する」ことを目標に多分野に渡る特殊電源を手掛けており、医療機器用電源からシステムバス用電源、自動演奏ピアノ用電源、音響機器用電源、CATV用電源、警備機器用電源など、様々な電源の取り組みによって電源を小型化する技術を高め、製品自体を小型化することにも成功し、電気エネルギーのより良い変換効率を実現しました。

ナユタは小型ボディながら確実な電力供給が可能で、軽量で持ち運びが楽な家庭用向けのリチウムイオン蓄電池「CUBOX」シリーズ等を販売しています。

ナユタ蓄電システムの特徴

小型で移動が便利な高変換効率蓄電池

ナユタ製リチウムイオン蓄電池

ナユタ製のリチウムイオン蓄電池は信頼性の高い国産メーカーであるトーカドエナジー社のリチウムイオンバッテリーを採用しており、無煙、静音の発電機として屋内利用が可能なので、家庭用やオフィスなどの環境で活躍します。

本体は小型・軽量仕様となっているので、使用場所が限られることなく様々な場所で使用可能です。太陽光発電システムやその他発電システムとの連動性や独自のリップルリダクションコンバーター搭載等、特殊電源を手掛けた技術を生かしたナユタの新しい製品に注目が集まっています。

企業の事業継続計画(BCP)対策としての導入

19時間の使用が可能

昨今のエネルギー不足が問題になり、計画停電などの不安定な電力状況の中、企業としての事業継続計画(BCP)対策が注目され、安定した電力を停電時にも供給できるという点で蓄電システムを使った対策が普及しつつあります。突然の停電や災害などで電力が不安定な事態には電力供給を安定して行えるリチウムイオン蓄電池が事業継続の手助けになります。

ナユタの蓄電システムならノートパソコンや液晶テレビ、LED証明などが19時間も使えるので安心して事業継続を行うことができます。

補助金対象製品で導入費用のコストカットと節電対策

ナユタ製蓄電池は定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金対象機種として登録されています。

製品の導入に国からの補助金が交付されるので従来よりも安く導入することができます。環境保全に貢献する製品は国からの支援も多く、現在のエネルギー問題解決に向けた中心的な存在です。補助金による導入費用の一部免除は予算額が設定されているので早めの導入決断をお勧めしています。

TOPへ