全国蓄電池ニュース

蓄電池ニュース個別記事【その他】

その他 2016年10月12日 大京の「アリオンテラス」シリーズに初のZEHを導入

株式会社大京は、戸建てブランド「アリオンテラス(ALION TERRACE)」シリーズの1区画にシリーズ初となるZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を導入すると発表しました。
今回ZEH を導入するのは、シリーズ第12弾となる「アリオンテラス瑞江」(全6戸/東京都江戸川区)で、12月中旬より一般販売活動開始予定となっています。

政府は住宅のゼロエネルギー化を目指して、2020年までに年間の1次消費エネルギーが正味(ネット)で概ねゼロとなるZEHを標準的な新築住宅とすること等の普及促進を図っています。また、環境問題や災害対策への関心から、住宅のエネルギーを自給自足することへの居住者の関心も高まっています。
同社は、新築マンションの全物件にパッシブデザイン(太陽光や風などの自然エネルギーを利用した建築方法で室内環境を快適にする手法)に自社基準を設け、2015年4月より標準採用している他、戸建て事業でも省エネルギー性能向上や環境問題に取り組むべく、今回初となるZEHを導入します。同社では、高効率の設備機器の導入、太陽光発電システムなどによる創エネ、HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)での効率的な節電によりエネルギー収支ゼロを目指すとしています。

「アリオンテラス瑞江」は、都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分の立地に誕生。区画整理事業が完了した地域に立地し、新しい街並みの閑静な住宅街となっています。ZEH以外の区画にも通風ドアなどのパッシブデザインを導入し、省エネルギーに配慮されています。

(プレスリリース)
アリオンテラス
http://lions-mansion.jp/sumai/special/house/

TOPへ