蓄電池が生み出す電力削減効果をシミュレーション

蓄電池が生み出す電力削減効果をシミュレーション

蓄電池の電力削減効果をシミュレートする

“経済的効果を生むピークカット/ピークシフト機能”

本記事では蓄電システムによって得られる電力の削減効果のシミュレーションを元に解説しています。

蓄電システムは基本的な性能として夜間の割安な料金帯に充電を行い、昼間の電力使用がピークな時間帯に蓄電システムからの放電によって商業電力の使用を抑えるピークシフト/ピークカットという性能によって大きな節電効果を生み出すことができます。

さらに再生可能エネルギーを利用した太陽光発電システムとの組み合わせによってピークカット/ピークシフトに加えて、昼間の電力を太陽光発電システムによって発電した電力で補うことによって、商業電力購入の必要がない省エネルギーな暮らしを実現することができます。

電気使用料金の引き上げは今後も予想されており、こうした太陽光発電と蓄電池システムの組み合わせは昨今で導入事例が多く、普及が急速に伸びています。
しかし、商業電力を使用しないといっても、どれだけ電力を削減することができているのか実際はわかりにくいのが現状でしょう。

ここからは実際のシミュレーションを交えて電力の削減効果についてご説明します。

■1日の電力使用シミュレーションのグラフ(※太陽光発電なし)

1日の電力使用シミュレーションのグラフ(※PVなし)

上図のように蓄電システムのみの導入例では蓄電システムによって昼間の系統からの電力消費が抑えられ、夜間の割安な電気料金帯に蓄電池へと充電しているのがわかります。
電力会社によって料金プランは異なり金額にも差はありますが、蓄電システムの導入によって年間平均で約32,000円の経済効果が生まれます。

■1日の電力使用シミュレーションのグラフ(※太陽光発電あり)

1日の電力使用シミュレーションのグラフ(※PVあり)

上図では蓄電システムと太陽光発電システムを組み合わせた場合の電力使用状況を表しています。
蓄電システムのみの使用例よりも電力使用削減効果が高くなっているので、年間平均で約71,000円もの経済効果を得ることができます。

シミュレーションを元に蓄電システムの電力削減効果を調べてみると、電力不足問題が深刻になりつつあり、電力削減効果が昨今のエネルギー問題の解決に向けた新基軸であることは確かです。再生可能エネルギーを利用した太陽光発電システムや燃料電池との組み合わせによって更なる電力使用削減効果を生み出し、エネルギー問題解決に向けた新たな取り組みであると言えるでしょう。

TOPへ