蓄電池補助金サーチ

国・都道府県・市区町村の3つの補助金

簡単3ステップ!全国の補助金情報をサーチできます。

都道府県を選ぶ

補助金情報の検索結果 山形県の蓄電池補助金情報

山形県からの補助金

補助金額 対象経費の1/10 ・蓄電池設備(太陽光発電設備と併せて設置):住宅用、事業所用
補助上限額 5万円 -
申請提出期限 2016/4/1~2017/2/28 -

北村山郡大石田町からの補助金

補助金額 (1) 町内業者と契約した場合…事業費の1/5の額 (2) 県内業者と契約した場合…事業費の1/10の額 ※世帯用件などにより上限額引き上げあり
※発電出力が10kW未満であること
※予算の範囲内で交付
補助上限額 (1) 町内業者と契約した場合…400,000円
(2) 県内業者と契約した場合…200,000円
申請提出期限 2016年4月14日 ~ ※工事の着工前に申請をすること

酒田市からの補助金

補助金額 工事費の1/5 ※三世代世帯、県外からの移住世帯、近居世帯、新婚世帯、子育て世帯は、補助率の引き上げ・上限額の引き上げあり
※対象工事費の合計が250,000円以上であること
※酒田市内に事業所、営業所がある法人又は個人事業者による工事(ただし、本店は山形県内にあること)例外として、市外の施工者で申請者と親戚関係を示せる場合は対象とします
※発電出力が10kW未満のものに限る
※予算の範囲内で行われます
予算額に達したため受付を中止いたします(平成28年4月11日現在)
補助上限額 400,000円
申請提出期限 2015年4月1日 ~ (早期受付終了) ※工事着工前に交付申請書を提出し、交付決定通知を受領後に着工すること
※平成29年2月までに実績報告書を提出すること

新庄市からの補助金

補助金額 1kW/30,000円 一般世帯…1kW/30,000円
子育て・高齢者世帯(18歳以下または65歳以上と同居している世帯)…1kW/60,000円
※太陽電池の最大出力の合計値が10kW未満のもの
※予算を超える申請があった場合は抽選とし、予算の範囲で交付該当者(当選者)を決定します。抽選には申請者または代理人に出席していただきます(代理人には委任状が必要となります)
補助上限額 100,000円 一般世帯…上限100,000円
子育て・高齢者世帯(18歳以下または65歳以上と同居している世帯)…上限200,000円
申請提出期限 2016年5月2日 ~ 2016年5月27日(受付終了) ※設置工事着工前に申請を行い、交付決定通知書を受領後に工事に着手すること
※設置工事が完了したら実績報告を行ってください
※平成29年3月31日までに全ての手続きを完了すること

天童市からの補助金

補助金額 1kW当たり30,000円 ※太陽電池の最大出力の合計が10kW未満であること
※予算の範囲内で先着順に申請を受付
補助上限額 120,000円
申請提出期限 2016年度 ※設置工事着工前に申請すること
※置工事完了後30日以内または平成29年4月10日のいずれか早い日までに実績報告書を提出すること
※太陽光システム設置工事を平成28年4月1日以後に着工し、平成29年3月31日までに完了したものであること

長井市からの補助金

補助金額 一般リフォーム…補助率10% ※県内に本社もしくは支店を有する建設業者(個人業者も含む)と契約し工事を行うこと
※予算の範囲内で行われます
補助上限額 上限200,000円・条件によっては上限300,000円もしくは400,000円
申請提出期限 2016年4月1日 ~ 2017年1月31日(受付終了) ※設置工事着工前に申請すること
※建設工事において、申請年度の2月末日までに実績報告書(工事完了届)を提出すること

西置賜郡飯豊町からの補助金

補助金額 (1) 町内業者が施工する場合…費用の20%の額 (2) 町外業者(県内)が施工する場合…費用の15%の額 (1) 町内業者が施工する場合…費用の20%の額
(2) 町外業者(県内)が施工する場合…費用の15%の額
※世帯により補助率(上限額)拡充あり
※予算の範囲内での受付となり、予算に達した時点で受付を終了いたします
補助上限額 (1) 町内業者が施工する場合…上限400,000円、ただし県産木材を3立方メートル以上使用する場合は上限600,000円
(2) 町外業者(県内)が施工する場合…上限300,000円、ただし県産木材を3立方メートル以上使用する場合は上限400,000円
申請提出期限 2016年4月1日 ~ 2016年12月28日(早期受付終了) ※設置工事着工前に申請し、補助金交付決定通知書が届いてから着手して下さい
※工事完了後30日を経過する日、または平成29年2月28日のいずれか早い日までに実績報告書を提出すること

西置賜郡小国町からの補助金

補助金額 ※町内業者が施工する場合、工事に要する費用の20%の額、または400,000円のいずれか低い額 町外業者が施工する場合、工事に要する費用の10%の額、または200,000円のいずれか低い額 ※対象工事費が100,000円以上であること
※三世代世帯、移住世帯、新婚世帯、近居世帯及び子育て世帯に該当する場合は補助率及び補助上限額の引き上げ有り
※事前申し込みの募集期間終了時に、申込件数の確認を行い予定件数を上回った場合は4月下旬に抽選を行い、当選された方のみ交付申請を行うことができます
補助上限額 町内業者が施工する場合、県産木材を3平方メートル以上使用する場合は上限500,000円
町外業者が施工する場合、県産木材を3平方メートル以上使用する場合は上限300,000円
申請提出期限 2016年4月15日 ~ 2016年4月22日(受付終了) ※事前申し込みを募集期間内に提出後、工事着工の1か月前までに交付申請を行なうこと
※工事の施工にあたり県内業者と請負契約を締結すること
※事業完了後、1か月を経過する日又は、平成29年3月10日のいずれか早い日までに実績報告書を提出すること
※平成29年2月末日までに工事を完了すること

西村山郡河北町からの補助金

補助金額 1kW/30,000円 ※太陽電池の最大出力の合計が10kW未満であること
※予算の範囲内で交付
補助上限額 120,000円
申請提出期限 2016年度(早期受付終了) ※工事の着工前に申請をすること
※事業完了後1か月以内または平成29年3月31日のいずれか早い日までに実績報告書を提出すること

東村山郡中山町からの補助金

補助金額 対象経費の1/10 ・蓄電池設備(太陽光発電設備の設置と併せて設置するものに限る)
補助上限額 12万円 -
申請提出期限 2016年 -

東村山郡山辺町からの補助金

補助金額 対象経費の1/10 ・蓄電システム(太陽光発電システムと連系すること、未使用品)
補助上限額 10万円 -
申請提出期限 2016/04/01~ -

最上郡金山町からの補助金

補助金額 (1) 町内業者と契約した場合…事業費の1/5の額 (2) 県内業者と契約した場合…事業費の1/10の額 ※一定の要件を満たす世帯には補助率や限度額がさらに優遇されます
※発電出力が10kW未満であること
※予算の範囲内で交付します
補助上限額 (1) 町内業者と契約した場合…上限400,000円
(2) 県内業者と契約した場合…上限200,000円
申請提出期限 2016年4月1日 ~ 2016年11月30日(受付終了) ※平成28年2月15日までに完了する工事であること
※平成29年2月28日までに実績報告書を提出すること

最上郡鮭川村からの補助金

補助金額 1kW/50,000円 ※太陽電池の発電出力は10kW未満のもの
補助上限額 200,000円
申請提出期限 2016年10月31日まで(受付終了) ※県の太陽光発電補助事業と併用可能
※工事着工前に交付申請書を提出し、交付決定通知を受領後に着工すること
※事業が完了した日から起算して10日を経過した日又は交付決定を受けた年度の3月31日のいずれか早い日までに実績報告書を提出すること

山形市からの補助金

補助金額 1kW/30,000円 ※事業所に設置する場合…補助金上限450,000円
※受付期間ごとの予算配分額を超えた場合は、その受付期間に受付けたものの中で、公開抽選
補助上限額 120,000円
申請提出期限 第1期 2016年4月21日 ~ 2016年5月31日(受付終了)
第2期 2016年6月15日 ~ 2016年7月29日(受付終了)
第3期 2016年8月22日 ~ 2016年10月31日(受付終了)
第4期 2016年11月16日 ~ 2017年1月31日(受付終了)
※設置工事完了後に補助金交付申請書兼事業実績報告書を、平成29年3月31日まで提出してください
※平成28年度において電力会社と電力受給を開始するものであること

米沢市からの補助金

補助金額 工事費の10% ※三世代世帯、県外からの移住世帯、近居世帯、新婚世帯、子育て世帯は、補助率の引き上げ・上限額の引き上げあり
※発電出力が10kW未満のものに限る
補助予算残額:0円(平成28年10月11日現在)
補助上限額 200,000円
申請提出期限 2016年4月1日 ~ (早期受付終了) ※工事着工前に交付申請書を提出し、交付決定通知を受領後に着工すること
※県の定める基準点で10点以上となる住宅のリフォーム等工事(ただし、工事費が500,000円未満の場合は5点)で、工事費の総額が100,000円以上となるもの
※山形県内に本社を置く施工業者とリフォーム工事の契約をすること
※平成29年2月末日までに工事の完了届けを提出すること
TOPへ