全国蓄電池ニュース

蓄電池ニュース個別記事【東京都】

東京都 2019年06月20日 東京電力HD:電力ネットワークのデジタル化等、電力会社が目指すデジタライゼーションの取組み例と今後の展開【JPIセミナー7月9日(火)開催】

日本計画研究所は、 東京電力ホールディングス(株) 技術戦略ユニット技術統括室 技術戦略担当 馬橋 義美津 氏を招聘して下記の通りセミナーを開催いたします。
セミナー終了後には、講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたしますので、ビジネスに役立てていただける構成となっております。

〔詳細・申し込み〕https://www.jpi.co.jp/seminar/14610

〔タイトル〕
東京電力HD
電力ネットワークのデジタル化等
電力会社が目指すデジタライゼーションの取組み例と今後の展開

〔講義概要〕
電力事業を取り巻く環境は、2020年の法的分離に向け大きく動き出している。電力事業の将来像を示したUtility3.0では、事業環境変化のドライバとして技術面においてはデジタライゼーションをあげており、電力会社にとってデジタル化によるアセットの有効活用はエネルギー産業としての基盤事業を左右するとともに新たなビジネス展開を生む必須要件となっている。
そこで本講演では、東京電力のデジタル化を例に電力会社が目指すデジタライゼーションについて詳説する。

〔講義項目〕
1.電力会社を取り巻く環境の変化
 (1) 電力会社を取り巻く環境
 (2) Utility3.0の示す将来像とそのギャップ
2.電気事業の将来像
 (1) これまでの電気事業とこれからの電気事業
 (2) 電気事業と脱炭素化とデジタル化
3.電力事業におけるデジタル化の注力領域
 (1) 電気事業におけるビッグデータ
 (2) デジタライゼーションへの取り組み
4.電力ネットワークのデジタル化
 (1) 電力系統のデジタル化  
(2) デジタル化の基本コンセプト   
(3) 具体的な取組例
5.付加価値サービスの提供
 (1) 付加価値提供の基本コンセプト   
 (2) オープン・イノベーションによる「拡がり」の構築
 (3) 具体的な取組例
6.関 連 質 疑 応 答
7.名 刺 交 換 会     講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。

〔講  師〕  
東京電力ホールディングス株式会社 技術戦略ユニット技術統括室 技術戦略担当 
兼 渉外・広報ユニット海外事業室
馬橋 義美津 氏

〔開催日時〕 2019年7月9日(火) 13:30 - 15:30  

〔会  場〕 港区南麻布/JPIカンファレンススクエア https://www.jpi.co.jp/access

〔 参加費 〕
▶民間参加費1名 : 32,910円 (資料代・消費税込)
 2名以降 27,910円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合)
▶行政:国家公務員・地方自治体職は、先着5名様無料ご招待(ホームページからのお申込みに限る。)

《こちらも要チェック↓↓》
【8月2日開催】<福岡開催>九州電力グループの更なる進化への挑戦 「KYUDEN i-PROJECT」の具体施策と展開  https://www.jpi.co.jp/seminar/14603

【8月9日開催】<大阪開催>関西電力:VPPプロジェクトにおける需要家蓄電池を活用した周波数制御実現後の展開戦略  https://www.jpi.co.jp/seminar/14708

【8月21日東京開催】中部電力のブロックチェーン活用事例と尖端実証研究の取組み
https://www.jpi.co.jp/seminar/14671

【お問合せ】
JPI 日本計画研究所
〒106-0047東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル
TEL.03-5793-9761  FAX.03-5793-9766
URL  http://www.jpi.co.jp

【株式会社JPI(日本計画研究所)】
“「政」と「官」と「民」との知の懸け橋”として国家政策やナショナルプロジェクトの敷衍化を支え、国家知の創造を目指す幹部・上級管理職の事業遂行に有益な情報をご参加者を限定したリアルなセミナーという形で半世紀、提供し続けています。

(プレスリリース)
株式会社日本計画研究所

TOPへ