企業の事業継続を確立させるBCP対策

企業の事業継続を確立させるBCP対策

企業の事業継続を促すBCP対策について

“現代の企業に必要な事業継続計画とは?”

まず「BCP対策」が何を指しているのかを確認してみましょう。
BCPとは"Business Continuity Plan"の略で訳すると事業継続計画という意味で、BCP対策とは自然災害や計画停電、システム障害によって事業の継続がままならない様な事態に陥らないために、予め様々な対策を行い、事業継続に支障をきたさない様にする計画の事です。

BCP対策

蓄電システムは、電力不足問題によって事業運営、継続が不可能になってしまう際に必ず必要とされる設備システムです。リチウムイオン蓄電池は短い充電時間とそのサイクル特性を生かして、電力の欠かせないサーバーやPCを利用したビジネス(インターネットを利用したサービス等)、店舗ではレジや照明器具など急な停電時でも稼働させることができます。

特に一般ユーザーを顧客とした企業サービスが停止した場合には、損害賠償の請求にまで発展するケースも少なくありません。大きな震災などの緊急時であってもサービスの停止を避けるために対策を十分に練ることが今後の企業の課題となっています。

実際に東日本大震災の被害例を以下にまとめました。

東日本大震災の企業への被害状況

東日本大震災の場合、震災によって直接・間接的に被害を受けた企業は約60%に及び、BCP対策をしていなかった企業の割合が半数を超えていました。
また、対策を施していたのにもかかわらず、9割弱の企業が問題を抱えており、対策の見直しが必要とされているということが明らかになっています。

今後、考えられる課題として日本企業がどのように将来予測できる震災等の問題に向き合い、適切なBCP対策を行うことにより、企業は安定した事業運用、継続ができる様になるでしょう。

蓄電システムにはオフィスや店舗に適した機種も存在しています。産業用途に適した大容量蓄電池機器も多岐にわたってメーカーから販売されており、将来的に期待されている大規模容量の蓄電システムも導入が進んでいます。

日本のエネルギー不足問題の解決に向けた大きな期待が寄せられている蓄電システムは、企業のエネルギー不足の解決に向けた積極的な取り組みによって、今後の省エネルギー関連機器の中心的な存在になっていくものと思われます。

TOPへ