蓄電池基礎知識

蓄電池の基礎知識 蓄電池の仕組みなど、蓄電池そのものに関する情報

蓄電池の仕組みと働き

蓄電池がどういった仕組みで、どのように機能しているかについて解説しています。

蓄電池の種類と特徴

蓄電池にはいくつかの種類があり、それぞれに適した媒体があります。

蓄電池とその用途

蓄電池の用途は、利用時間や利用用途によって大きく異なってきます。

蓄電池の市場規模と産業構造

蓄電池は、非常用電源としてだけでなく、様々なケースに応用することが出来ます。

シングル発電とダブル発電

蓄電池と太陽光発電システムを組み合わせて住宅に設置したときに発電方式を選択できます。

蓄電池と電力自由化

電気料金プランとの組み合わせによって、電力自由化における蓄電池の需要を判明できます。

2019年問題

再生可能エネルギーの固定価格買取制度に伴う2019年問題を説明します。

蓄電池を導入する 蓄電池を導入するにあたって必要な情報

蓄電池の選び方

蓄電池を選定する際には、導入目的を明確にすることが重要となります。

蓄電池の寿命

蓄電池は繰り返し使用することで電池容量が減少し、やがて寿命を迎えます。

蓄電池の導入コスト

蓄電池の導入コストは、今後緩やかに低下することが予測されます。

蓄電池と太陽光発電との連携

太陽光発電システムに蓄電池を併設する場合、いくつかの注意点が存在します。

蓄電池に関する制度 蓄電池に関わる得する法律や制度

蓄電池と補助金制度

蓄電システムにも太陽光発電と同じく、補助金が交付されています。

蓄電池 基礎知識について

東日本大震災の影響を受け、原発依存の脱却や再生可能エネルギーの普及といった取り組みが活発化している現在、国内におけるエネルギー受給の在り方は大きな転換点を向かえていると言えるでしょう。

とりわけ、逼迫した電力需給問題を解消するためにも、より安全にそして効率的にエネルギーを供給・確保出来る電力需給体制の確立が急務となっており、ITテクノロジーによるエネルギー利用のスマート化(HEMSやBEMS、スマートグリッドなどの仕組み)や、それに対応した製品・システムの開発、社会メカニズムや法制度の見直しが推進されています。

これらを実現し、より強固な社会システムを築いていくためには再生可能エネルギーの普及拡大、そして『蓄電システム』の導入が不可欠であり、社会レベルでなく、個人・法人レベルで取り組んでいく必要があります。

ここでは、そういった背景から現在大きな注目を集めている『蓄電池(蓄電システム)』を導入するにあたって、押さえておきたい基礎知識をわかりやすい文章とイラストを用いて解説していきます。

TOPへ