家庭用蓄電システムとHEMSの連動メリット

家庭用蓄電システムとHEMSの連動メリット

家庭用蓄電システムとHEMSの連動によって得られる効果とは?

“家庭のエネルギーをマネジメントするシステム”

HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)はスマートハウスを実現するにあたって核となる機器であり、家庭内のエネルギー使用の制御をHEMSによって行えるので節電や節約に大きく貢献し、最適な電力使用が可能となります。

2つの機器の連動によって得られるメリットは多く、たとえばHEMSモニタで蓄電システムの使用状況確認や操作を行ったり、ネットワークとの接続によって外出先からスマートフォンなどで一部の家電の操作や蓄電池の状況確認・操作が可能となります。

なにより、蓄電した電力を家庭内の最適な箇所に自動的に給電でき、蓄電システムの最適な利用によって節電と節約に大きく貢献します。

スマートハウス

三井不動産レジデンシャルと日立による開発で、マンション各住戸内に設置する蓄電池とHEMS連携システムが実際に導入されています。マンション向けセキュリティソリューションの豊富な実績とクラウド型サービス基盤を有し、日立はこれらを生かしてMEMS(マンションエネルギー管理システム)事業というHEMSよりも規模の大きな事業の拡大に取り組んでいます。

HEMSを含むMEMSの導入によって、各住戸および共用部を含めたマンション全体のエネルギー管理が可能な設備導入を建設しています。

このようにスマートハウス化の実現は居住数が多ければ、HEMSとの連動によって更に効果を発揮し、各住居の電力使用がピークに達すると蓄電システムからの給電を自動で行います。 非常時であれば各住居と共用部すべての非常用電源となり、マンション全体に安定した電力エネルギーを提供することができるという大きなメリットが生まれます。

HEMSによって管理・制御するスマートハウス化を国が推進していることから、今後は蓄電システムや太陽光発電、燃料電池などの次世代エネルギーは、より一層HEMSとの連動によるメリットが増すと想定されています。未来の家庭エネルギー利用の基盤となり、エネルギー問題の解決に向けた大きな期待が寄せられています。

TOPへ