蓄電池補助金サーチ

国・都道府県・市区町村の3つの補助金

簡単2ステップ!全国の補助金情報をサーチできます。

都道府県を選ぶ 補助金を調べたい都道府県を選択してください。

蓄電池の設置により最大100万円の補助金が交付されます
北海道
沖縄
北海道
東北
関東
甲信越北陸
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

充実している蓄電池の補助金制度

蓄電池の導入のメリットの1つは、何といっても補助金制度の充実。 スマートハウス、再生可能エネルギーなど国をあげて推進されているエネルギー政策の一つとして、いま蓄電池にも熱い視線が送られています。

国から支給される補助金はもちろん、お住まいのエリアによっては都道府県、市区町村単位で出されている補助金も見逃せません。 年度ごとに予算が決められるので、早い者勝ちの要素も強い補助金。蓄電池導入を検討されている方は、補助金の動向をチェックしてみましょう。

補助金の例

国の補助の概要

一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)は、定置用リチウムイオン蓄電池を導入予定の個人及び法人を対象に、 蓄電池の導入に必要な費用を予算の範囲内で補助する「平成26年度補正予算 定置用リチウムイオン蓄電池導入支援事業費補助金」という事業を実施しています。

補助対象機器

SIIが定める「量産型登録蓄電システム」と「大型カスタム蓄電システム」の2種類が本事業の補助対象機器となります。 補助対象機器はSIIの補助金事業のページから確認することが出来ます。

SIIのウェブサイトから、対象機器ごとに補助金額を算出することができます。

補助額(補助率)と上限

蓄電システムの購入価格と蓄電システム毎に定められた目標価格(B値)との差額の2/3以内
量産型登録蓄電システムを導入する個人・法人 : 上限100万円
大型カスタム蓄電システムを導入する法人 : 上限1億円

補助金の詳しい算出方法は、「蓄電池基礎知識 蓄電池と補助金制度」をご参照ください。

申請期間

2015/06/15に予算額に達したことから、2015/06/12に私書箱に到着した申請をもって受付を終了しました。詳細

都道府県・市区町村の補助金

蓄電池の補助金は国だけではありません。運がよければ、お住まいの都道府県、市町村が補助金を支給しているケースもあるのです。 都道府県、市町村での補助金は自治体が独自に定めるため、突然発表されることもしばしば。少しでもお得に蓄電池が導入できるよう、自分の地域の補助金情報はきっちりリサーチしておきましょう。

TOPへ