蓄電池専門用語集 - 温度ヒューズ

温度ヒューズ(おんどひゅーず)

一覧へ

温度ヒューズ 電気機器の開路ショートや回路部品の故障などに起因する過電流によって生じる機器の発熱を感知し、回路を遮断する過熱保護部品のこと。 電気回路を保護するだけでなく、発火等の自己を防止するためにも重要な部品とされています。

ヒューズは、大電流によって溶断する電力ヒューズと、使用温度以上の高温によって溶断する温度ヒューズの二種類に分類できます。

電力ヒューズは、切断する電流の大きさによって導体部分の大きさや太さ・構成成分が異なり、 定格以上の大電流が流れた際に回路を開くことによって保護することを目的に用いられます。

一方で、温度ヒューズはドライヤーやコタツといった電気加熱を利用する機器において用いられるケースが多く、 火災に至る可能性のある事故を確実に防ぐ目的で使用されています。

これらヒューズはほぼ同様の理由で用いられていますが、その仕組みは大きく異なります。

電力ヒューズは、大電流による自己発熱を利用してエレメントを溶断させますが、 温度ヒューズは高抵抗であることから自己発熱がほとんどなく、周囲の温度上昇によって内部の可溶体が溶断し、回路を遮断する仕組みとなっています。

機器温度は、電力ヒューズではカバーできない位の僅かな電流の増加でも、ケースによっては上昇すると考えられるため、 回路の故障や火災といった自己を防ぐためにも、温度ヒューズはなくてはならないものとなっています。

関連用語 過充電 過放電 保護回路
TOPへ