蓄電池専門用語集 - 放電深度

放電深度(ほうでんしんど)

一覧へ

二次電池の放電容量に対する放電量の比のこと。DODとも呼ばれます。
例として、容量1000mAhの電池を700mAhで放電したとすると、その放電深度は70%ということになります。

放電深度 何サイクルもの使用が前提となる二次電池では、サイクル寿命が放電深度に強く依存していることが知られており、浅い放電深度で使用したほうが寿命は長くなると言われています。 実際にNTTファシリティーズ総研の資料によると、 鉛蓄電池の場合、放電深度100%の使用方法に比べて、放電深度50%の使用方法の方が約3倍も寿命が長いということがわかっています。

この特徴はリチウムイオン電池にも共通しており、サイクル寿命は放電深度が深いほど、そして使用温度の上昇と共に短くなるとされていますが、この影響は鉛蓄電池ほどではありません。 製品によっては仕様書等に放電深度ごとの想定サイクル寿命が記載されていますが、これを見てもわかるように、放電深度が深くなるほどサイクル回数は現象する傾向であることがわかります。

余談として、ハイブリッドカーに搭載されている電池は、少しでも寿命を長くするために放電深度を浅くして使用されています。 一方で、電池のみで動く電気自動車においては、どうしても放電深度を深くして使用しなければならないため、 そのような使い方に耐えられる性能を実現させる必要があると言えるでしょう。

関連用語 サイクル回数 リチウムイオン電池
TOPへ